空白の1日となる「2018年9月30日」は特定派遣事業者との派遣契約で派遣法違反に! | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2018.06.11

空白の1日となる「2018年9月30日」は特定派遣事業者との派遣契約で派遣法違反に!

◆猶予期限は「9月29日まで」

 『改正労働者派遣法』施行(2015/9/30日付)により、特定派遣が廃止されたのは、周知のとおりです。但し、その経過措置として「猶予期間」が設けられましたが、その期限はあくまで「9月29日まで」です。これは、前述の派遣法改正から3年経過後に当たる「9月29日」が期限となるのです。従って、翌日「9月30日」は“空白の1日”となり、その「空白の1日」に、特定派遣事業者との派遣契約が残されていれば、“派遣法違反”となることは避けられないのです。猶予期限まで、あと3か月半しかありません。社団法人全国請負化推進協議会では、「一般派遣の許可取得」によって“事業継続”を目指される特定派遣事業者様をご支援しています。まずは、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【ご参照】

◆特定派遣事業者様対象『無料相談会』開催のご案内
 URL http://www.ukeoi.jp/soudankai.html