《提言》国は長時間労働対策(ブラック企業)に助成金を支給するのではなく「ノー残業企業」に助成金を支給すべきでは? | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2017.03.09

《提言》国は長時間労働対策(ブラック企業)に助成金を支給するのではなく「ノー残業企業」に助成金を支給すべきでは?

◆「助成金」は優良企業に支給すべきでは?

 今、「長時間労働」が、再び大きな社会問題となっています。この問題は今に始まった訳ではありませんが、ひとつ疑問があるのです。国が支給する「助成金」についてです。それは、「長時間労働の企業が長時間労働を改善したら助成金が支給される」という点です。しかし、ノー残業の優良企業には何の恩恵もないのです。国の助成金は、優良企業に支給すべきではないでしょうか。多くは語りませんが、それが本当の長時間労働対策に繋がるのではないでしょうか。