《感謝》筆者の「提言(2012年)」に同調した厚生労働省の政策に感謝申し上げます | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2017.09.05

《感謝》筆者の「提言(2012年)」に同調した厚生労働省の政策に感謝申し上げます

◆厚生労働省も注目する『人事総務部ブログ』

 筆者が2012年1月6日付の『人事総務部ブログ』で提言した『60歳定年退職者全員に「ヘルパー資格」の受講(取得)をさせてはどうか』に同調した政策を、この度、厚生労働省が公表しました。しかし、この政策を実現するには、任意ではなく、企業とすべての定年退職者に対して義務化することがポイントになるのです。任意では、有名無実な政策となる可能性が高いのです。言わば、すべての国民で介護を請け負うのです。研修の財源には、雇用保険の財源を活用すればいいのです。労働力不足(人手不足)にて失業者が減少した為、雇用保険の財源にはゆとりがあるのです。厚生労働省には、有名無実な政策にならないことを望むばかりです。

【ご参照】

●ブログ記事(2012/1/6日付)
 :『60歳定年退職者全員に「ヘルパー資格」の受講(取得)をさせてはどうか』
  URL http://www.jsbb.jp/tg/11513/
◆『退職後の中高年、介護職の担い手に 厚労省が新研修制度』
 (2017/8/25日付:朝日新聞DIGITAL記事) 
 URL http://www.asahi.com/articles/ASK8T45TBK8TUTFL007.html