有給休暇を消化する「プレミアムフライデー」では無意味!"「プレ金」の完全実施が労働力不足(人手不足)の解消に" | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2018.03.02

有給休暇を消化する「プレミアムフライデー」では無意味!“「プレ金」の完全実施が労働力不足(人手不足)の解消に”

◆労働力不足(人手不足)解消を実現する「プレミアムフライデー」

 「プレミアムフライデー」の実施後、1年が経過しました。しかし、実施企業数は、ごく少数と言わざるをえません。また、実施企業においても、「有給休暇」を消化するにとどまる等、労働者にとってメリットがありません。実際、労働力不足(人手不足)に直面している為、「プレミアムフライデーどころではない」と言われる企業が大半です。しかし、今、労働力不足(人手不足)だからこそ、「プレミアムフライデー」を導入・実施する価値を見出すことが肝要なのです。即ち、「プレミアムフライデー」の導入は、労働力不足(人手不足)解消の切り札になるのです。

【ご参照】

●ブログ記事(2018/2/28日付)
 :『★「プレミアムフライデー」導入企業としてアウトソーシング総合研究所「株式会社OS総研」に経済産業省より直々のヒアリング!2018年』
  URL http://www.jsbb.jp/sj/41418/
●ブログ記事(2018/2/27日付)
 :『「プレ金」実施から1年!「プレミアムフライデー(プレ金)」の導入メリットは“人材採用”』
  URL http://www.jsbb.jp/sj/41402/
●ブログ記事(2018/2/26日付)
 :『《“プレ金”導入企業》「プレミアムフライデー」を実施して1年 わが社の「プレミアムフライデー」に対する取り組みと社員の反応や感想』
  URL http://www.jsbb.jp/sj/41391/