「請負契約」や「準委任契約」が不適切なら職業安定法違反及び派遣法違反に | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2018.04.10

「請負契約」や「準委任契約」が不適切なら職業安定法違反及び派遣法違反に

◆貴社の「請負契約」や「準委任契約」のコンプライアンスは大丈夫ですか

 厚生労働省(労働局)による「請負契約」や「準委任契約」の発注者様への立入監査が増加しています。その背景には、『改正労働者派遣法』による「特定派遣の廃止」があります。「一般派遣への切り替え」が難しい特定派遣事業者が、「請負契約」や「準委任契約」で偽装しているのでは?との思惑があるからです。これにより、「請負契約」や「準委任契約」の発注者様への立入監査となって表れています。その結果、社団法人全国請負化推進協議会へのお問い合わせに繋がってきているのです。

【ご参照】

◆『派遣法違反(行政処分一覧):厚生労働省(労働局)』
 URL http://newshaken.blog.fc2.com/

【お問合わせ先】

◆社団法人全国請負化推進協議会
 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-28-3 OA第1ビル3F
 TEL:052-526-0311 FAX:052-588-9931
 URL:http://www.ukeoi.jp/