厚生労働省は「テレワーク・デイズ」実施(2018年7月下旬)に伴う企業・団体を募集中! | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2018.04.20

厚生労働省は「テレワーク・デイズ」実施(2018年7月下旬)に伴う企業・団体を募集中!

◆7月24日は「テレワーク・デイ」

 この度、厚生労働省は、総務省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府、東京都、経済団体と連携し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機としたテレワーク国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」を、来る7月23日(月)~27日(金)の5日間に亘り実施することを発表(4/20日付)しました。
 この「コア日(7/24)」は、まさに2年後に開催予定の「東京五輪(2020年)」の開会日に当たり、とりわけ首都圏の企業・団体によるテレワーク活用により、交通混雑の解消を図ることを主眼とした“テレワーク国民運動プロジェクト”と位置付けられています。東京都が実施している「時差Biz」とも連携しており、言わば“働き方改革”にも繋がる国民運動として、その波及効果に期待が寄せられます。
 尚、「テレワーク・デイズ」の詳細について、また、ご参加希望の企業・団体様は、下記URLをご参照ください。

◆「テレワーク・デイズ」の主な実施ポイント

・テレワーク一斉実施の効果測定を行う為、「7月 24 日(火)」を“コア日”と設定。
・「7月23日(月)~27 日(金)」の5日間の中で、コア日とその他の日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」として実施。
・参加企業・団体は、「テレワーク実施団体」、「特別協力団体」、「応援団体」の3分類とする。
・初参加の企業・団体は、7月24 日(火)の1日でも参加可。
・目標:2,000 団体、延べ10 万人の参加。※昨年実績:約950団体、6.3万人が参加。
・時差出勤やフレックスタイム等を組み合わせた“多様な働き方”を奨励。
・首都圏以外の中小規模の企業・団体等にも参加を働きかける。

【ご参照】

◆『テレワーク国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」を7月下旬に実施』厚生労働省
 URL http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000203549.html
◆「テレワーク・デイズ」特設サイト
 ※参加企業・団体の登録受付は、下記URLこちらより。
  URL https://teleworkdays.jp/