《提言》「多様な働き方」に合わせた社会保障制度の確立を!増加するフリーランス(個人事業主)に「フリーランス年金制度」の創設を期待 | 派遣&請負の情報サイト

派遣&請負の情報サイト

人材派遣や請負そして厚生労働省(労働局)の最新情報を発信しています。

メニューを開く
メニューを閉じる

2017.10.19

《提言》「多様な働き方」に合わせた社会保障制度の確立を!増加するフリーランス(個人事業主)に「フリーランス年金制度」の創設を期待

◆「多様な働き方」には“多様な年金制度”を

 ITの進化に伴い、労働者の働き方が急速に多様化してきています。それは、「フリーランス(個人事業主又は個企業法人)」の増加です。しかしながら、日本の社会保障制度は、旧態依然のままです。増加するフリーランスに対し、社会保障制度が追い付いていないのが現状です。政府が「多様な働き方」を推進するならば、「社会保障制度」を見直すべきではないでしょうか。そして、増加するフリーランスを対象に、先ずは、「フリーランス年金制度」を創設してはいかがでしょうか?社会保障制度を未整備のまま、ひたすら「多様な働き方」を推進する政府には、疑問を抱くばかりです。